古文書研究会

このエントリーをはてなブックマークに追加

    はじめに(事任八幡宮資料集成刊行にあたり)
                                                                 天野  忍


 事任八幡宮の歴史は、古く原始・古代の祭祀に遡ります。この豊かな歴史と文化を明らかにし、その成果を神社が地域の拠点となって多くの人々に伝え、後世へと紡いでいく。この願いのもと、具体的な調査活動が開始されたのは、平成24年から平成25年頃のことであります。
第16代神主譽田秀之は、神社振興を心掛け、その遺志を受け継いだ妻の玲子は、神社に伝わる膨大な古文書の整理と保存を、いかになすべきか、腐心しておりました。そのようななか、知人の平尾三千代の孫、松本直之の協力を得て整理に取り掛かり、牧之原市の大江八幡宮神主中村肇に相談を掛けて、平成26年4月、事任八幡宮古文書研究会を設立しました。神社職員の全面的な協力のもと、これに天野忍と鈴木亜絵美が加わることとなり、調査体制が立ち上がりました。爾来、ほぼ月1回の調査を実施することとし、ほぼ4年の歳月が経過しました。古文書の調査では、平成初年に行われた静岡県史編さん事業の成果を受け継ぎながら、改めて一点づつ資料を確認し、概要をまとめて袋詰めを行ってまいりました。平成28年度からは、宗教法人神社本庁の助成金をいただくことができました。
調査にあたっては、神社の資料に適合する分類基準を設けて整理することとしました。雨洩りや虫損被害を受けた古文書も多く、注意深く開封しながら調査を実施、そのために、当初の予定をはるかに超える結果となりました。併せて主な古文書の解読作業を進めるとともに、神社に関系する古文書の所有者を訪ね、大学等の研究機関や研究者の協力を得て、書画や書籍等の調査を行うことができました。また、神社造営の棟札や石造物等の調査では、実測や拓本作成を行い、赤外線撮影を試みました。また、資料の調査・整理では、静岡県内の多くの研究機関の御世話になりました。
平成30年は、明治維新150年の記念すべき年であります。そこで、幕末から現在に至るまでの資料を重点的に調査し、吉田神道や国学・国家神道等の整理を進め、『事任八幡宮資料集成』の刊行に至ったわけであります。あらためて感謝申し上げます。

平成30年8月4日(土)「古文書お話会」八幡宮とお祭り

事任八幡宮では、数年前より、主に社家に伝わる古文書や境内の建造物、棟札などの調査を定期的に実施しております。千点以上にのぼる資料をひもとく事で、古き時代の様子が少しずつわかってきました。そして、平成30年2月に開催のお話の会(講話と懇話の会)では「江戸時代の八幡宮」という題目で天野忍先生にお話をしていただきました。今回は第2弾として「八幡宮とお祭り」という題目でお話をしていただきました。

平成30年2月4日(日)「おはなしの会」江戸時代の八幡宮

「おはなしの会」江戸時代の八幡宮を開催いたしました。大型スクリーンを使っての説明は分かりやすく、天野先生のお話は面白く興味を誘いました。

平成29年2月5日「おはなしの会」建国記念のお話と事任八幡宮の古文書調査について

社務所にて崇敬奉賛会主催の「おはなしの会」が開催されました。建国記念のお話と事任八幡宮の古文書調査について、中村肇先生にお話いただきました。