事任八幡宮における感染症対策

新型コロナウイルスの対策として三密(密閉、密集、密接)と言われる接触を避けるという施策がとられておりますが、当社においても時局に鑑み、次の対策をとっております。

  • 手水舎の柄杓を撤去しました。流水でお清めいただくようにしております。
  • 手水舎のタオル常備をやめました。
  • 拝殿前の鈴緒を取り外しました。
  • 社務所、授与所には除菌のためのアルコールを常備しております。
  • 職員もマスクをつけ、除菌をしての対応を心掛けております。

また、毎朝の日供祭(にっくさい)や月次祭(つきなみさい)にて疫病終息祈願の祝詞を奏上しております。

「事任八幡宮資料目録」 完成

事任八幡宮古文書研究調査会として取り組み始めた当社関連の古文書の整理が一段落し、「事任八幡宮資料目録」として完成いたしました。千何百点という多くの資料の「目録」で二一九ページにも及ぶ貴重な資料です。その中から判明した歴史年表が記されており、事任八幡宮や地元の歴史が垣間見えます。

 この度、静岡新聞(令和2年5月8日(金)朝刊)に紹介されましたので、記事を紹介いたします。現在引き続き、個々の詳しい内容について分かりやすく伝えるべく「事任八幡宮資料集成(仮称)」の作成にとりかかっております。今回完成の目録とセットでより詳しい内容をお伝えすることができると思います。 「資料目録」は図書館に寄贈いたしましたので、図書館にてご覧いただく事ができますが、ご希望の方には一冊3千円にてお分けしております。今後の資料刊行のためにも、多くの皆様にお求めいただけると幸いです。

奉祝 令和の御大典

天皇陛下御即位おめでとうございます。皆様と一緒にお喜び申し上げ、お祝いしたく存じます。麗しく和やかな御代の始まりをうれしく思います。二の鳥居付近に設けた「天皇陛下御即位奉祝記帳所」では、約二千名の御芳名をいただきありがとうございました。御神前での奉告祭を斎行し、神社庁を通じ宮内庁へお届けいたしました。五月一日に関しましては、予想をはるかに上回るご参宮をいただき、ありがとうございました。御朱印をはじめとして、十分な対応ができなかった部分もあったであろうと思い、お詫びしなければならないこともあるかと存じます。しかし、職員、応援人員、ボランティア皆、一丸となって、精一杯の気持ちを持って対応させていただいたことは、我々にとっても貴重な体験となりました。

つま恋「事任神社」

掛川市満水にある「つま恋リゾート 彩の里」つま恋の丘に事任八幡宮の神様を分祠した「事任神社」があります。毎月22日に月次祭を斎行し、日頃の安寧、生活への感謝を申し上げ、訪れるお客様、社員の方々の安全、幸福などをご祈願いたします。社員の代表の方々が参列されます。

防霜(ぼうそう)ファン

お宮の東、赤門からは社家となります。社家の北側、東側にはお茶畑が広がっています。東側は、茶畑越しにバイパスを見ることもできます。数日前から、防霜ファンが、夜中から朝までずいぶん長い時間廻っている様に思います。気温の低下にて自動で廻る様になっている様です。今年も良いお茶になりますようお祈りいたします。

注連縄(しめなわ)を新しくしました

全部の注連縄を作り直すのは、例大祭の前の週、垣根結いにあわせて行いますが、梅雨時を前に、少し傷んだ注連縄を氏子さん有志のみなさんが昨日新しくして下さいました。楠木も喜んでいるようです。

啓蟄

本日は、「啓蟄」という事でしたが、雨まじりの少し肌寒い日となりました。一部の参道の縁石や境内の玉砂利の整備を業者様にお願いし完了いたしました。